目を引く横断幕の特徴とはどんなものかを紹介

横断幕が必要な行事やイベントに関しては主催者がもっともその内容を把握しているのが普通です。したがって、そこへ来場する参加者の目を引いて案内となるもの、そのイベントの目的や内容が一目で把握できるようにつくります。そして幕には行事の進行がスムーズになるように案内したり、人の流れを作ったりする目的などもあります。こうした案内がより効果的にできるように目を引き、注目してもらえて参加してよかったと思えるように指し示すような幕としたいものです。そのためには、わかりやすく、見やすく、情報のもれがない、よく準備されたものを主催者側は用意することが肝要になります。そのような幕を作成するためには、以下に示すようなポイントを押さえてつくることが大切です。

横断幕には一番主張したいことを盛り込む

まず幕を掲示する意義はその内容を伝えて、それを見た人が一目で納得し、理解でき、にその内容を感じ取ってもらう目的があります。したがって、端的に伝えたいことを伝わるように無駄を削り、見やすくします。そしてポイントなる文字や図、絵などが目に入るようにします。それにはよく考えられた配置や、配色、デザインなどを取り入れることが大切です。したがってそうした部分に関しては依頼先のデザイナーの力を借りる方が無難です。そのためには依頼する業者のデザイナーに、その幕の目的や意図を十分理解してもらえるまで伝えることが大事です。この部分の打ち合わせを十分に行い納得できていれば、目的の幕をむしろ迅速に入手することが可能となるでしょう。打ち合わせに関しては関連する資料などを持ち込んで説明時に用いるとデザイナーの理解や、着想の助けになります。

横断幕の図案は簡単なもので構わない

幕を作成するうえで依頼する方から入れてほしい図案について、パソコンなどで描いた図案や文字をおおざっぱに作ると、依頼を受ける業者も助かります。そして、それは業者にメールなどを通じて入稿します。依頼を受けた業者の側では、そのオーダーをもとによりふさわしく効果的になるようにデザインします。このような手順を踏むことで、意図したとおりの幕が出来上がっていきます。したがって言葉で伝えるよりもより具体的なイメージとして業者に伝わるために、業者のデザイナーも依頼者の意図がよく伝わります。やり取りの回数も大幅に減らすことができ、物理的な行き来の回数も減らすことができるでしょう。このようにして作るようにすると、手早く意図したとおりの幕を入手することが可能になります。